2006年10月13日

2006年10月13日 堀江被告がメールで要請、不正取引に絡む株式分割

使途不明金「山分けでは」 裁判長、中村被告を追及
資ファンドがライブドア株の売却で得た後、使途不明になっていた約1億5000万円について、小坂敏幸裁判長が、中村前社長らで山分けしたのではないかと追及した。これに対し、中村前社長はこの資金の一部を借りたが、「(山分けの)認識はありません」と否定した。

堀江被告がメールで要請、不正取引に絡む株式分割
証言によると、分割はライブドア前取締役の宮内亮治被告(39)が提案した。マーケティング社の役員から「違法だ」と指摘され、前取締役に相談すると、堀江前社長からメールが届いた。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。