2007年07月19日

村上被告に懲役2年

村上被告に懲役2年 追徴金11億円余りの実刑判決
ニッポン放送株のインサイダー取引事件で、証券取引法違反の罪に問われた村上ファンド元代表、村上世彰被告(47)の判決公判が19日、東京地裁で開かれた。検察側は「証券取引にかかわる者としての最低限の倫理観すら欠如している」として懲役2年、罰金300万円、追徴金約11億4900万円を求刑。


とうとう村上ファンドの村上さんに実刑判決が下されました。インサイダーの認定です。

MACアセットマネジメントの判決は罰金3億円ということです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。