2007年03月22日

2007年3月22日 宮内被告にも懲役1年8カ月の実刑

宮内被告にも実刑 ライブドア事件で東京地裁判決
 ライブドアの連結決算を粉飾したなどとして、証券取引法違反の罪に問われたライブドア前取締役の宮内亮治被告(39)に対し、東京地裁の小坂敏幸裁判長は22日、懲役1年8カ月(求刑懲役2年6カ月)の実刑判決を言い渡した。

2007年03月20日

2007年3月20日 堀江被告が村上前代表側の主張に沿った証言

堀江被告が証人出廷 村上前代表の主張に沿って証言
ニッポン放送株をめぐり証券取引法違反(インサイダー取引)の罪に問われた村上ファンド前代表、村上世彰(よしあき)被告(47)の公判が20日、東京地裁であり、ライブドア前社長の堀江貴文被告(34)が弁護側証人として出廷した。堀江前社長は「ニッポン放送株の大量取得を決めたのは、実際の買収の直前」と述べ、起訴事実を全面否認する村上前代表側の主張に沿った証言をした。
■続きを読む

2007年03月17日

2007年3月17日 投資ファンド悪用を認定 ライブドア判決

投資ファンド悪用を認定 ライブドア判決
証券取引法違反に問われたライブドア前社長の堀江貴文被告(34)を実刑とした16日の東京地裁判決で、投資事業組合(投資ファンド)が、決算を粉飾する不正な資金操作の隠れみのに使われたことが認定された。事件を教訓にファンド運営の透明化を目指す規制強化が進んでいる。だが、ファンド関係者は「悪用する抜け道はいくらでもある」と指摘する。水面下では、課税逃れなどを目的とした海外取引が横行しているという。

 [堀江被告実刑]「金銭至上主義が断罪された」
公判で元取締役の宮内亮治被告らは、ライブドアの粉飾計画は堀江被告主導で進められたと証言した。これに対し、堀江被告は「宮内被告が主導した」と反論し、「私が命令しても、シカト(無視)されることが結構あった」と述べた。どちらが本当のことを言っているかが大きな争点になったが、軍配は宮内被告らに上がった。電子メールなどでそれが裏付けられたという。

ライブドア:ネット特化で再建模索 失敗なら資産追加売却も
昨年12月には、外資系ファンドやUSENが推す4人の社外取締役が就任し、取締役5人のうち社内取締役は平松社長だけとなった。「インターネットに特化した事業戦略がうまくいかなければ、外資系ファンドが一段の資産売却を迫る可能性がある」(関係者)との見方もあり、再建の道のりは厳しい。
■続きを読む

2007年03月16日

2007年3月16日 堀江被告が再保釈 保証金は計5億円 東京地裁決定

「重く受け止めるが納得できない」 堀江被告がTV出演
ライブドア前社長の堀江貴文被告(34)は16日夜、テレビ朝日の番組「報道ステーション」に出演し、実刑判決を受けたことについて「重く受け止めているが、納得できない部分もかなりある」と語った。

堀江被告に懲役2年6カ月の実刑判決 ライブドア事件
判決は起訴事実をすべて認め、「粉飾した業績を公表して株価を不正につり上げた」と非難し、堀江前社長の「指示、了承なしには各犯行はあり得なかった」と判断。「証券市場の公正性を害する悪質な犯行」として実刑が相当とした。

堀江被告が再保釈 保証金は計5億円 東京地裁決定
証券取引法違反の罪に問われ、東京地裁で懲役2年6カ月の実刑判決を受けたライブドア前社長、堀江貴文被告(34)について、同地裁は16日午後、再保釈を認める決定をした。

「非常に不当な判決だ」 堀江被告の弁護人が批判
堀江前社長の弁護人の高井康行弁護士は判決後に会見。「被告のために非常に残念だし、日本の刑事司法のためにも残念だ。証拠はあいまいで、非常に不当な判決だ」と批判した。さらに「裁判所は検察が公正さを欠いていると認めながら、なぜ実刑なのか。到底理解できない」と述べた。

「小泉、武部氏は頭丸めたらいい」堀江判決で亀井静香氏
05年の衆院選広島6区で堀江貴文被告と戦った国民新党の亀井静香代表代行は16日、判決について、「小泉(前首相)さんや自民党の武部勤前幹事長は、頭を丸めたらいい」と党本部で記者団に語った。

実刑判決受けた「ホリエモン」、今後の処遇は?
今後は東京地裁が再保釈すべきか判断する。再保釈が認められた場合でも、検察側が抗告すると、高裁が改めて勾留(こうりゅう)の必要があるか判断する。決定が翌日以降になれば、被告の身柄が再び東京拘置所に移されることもある。

堀江被告、判決の認定事実
ライブドアの堀江前社長は、宮内亮治前取締役らと共謀。脱法目的で組成した投資ファンドを介在させて売買した自社株の売却収入を、04年9月期の連結決算に違法に計上したり、計上が認められていない子会社に対する架空売り上げを計上したりする手口で、経常損失が発生していたのに、約53億円の粉飾をした。

その瞬間… 堀江被告、実刑判決に「薄笑い」
その瞬間、「まじかよ」とでもいいたげに、堀江貴文前社長(34)は口元に笑みを浮かべた。懲役2年6カ月の実刑判決。
■続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。