2006年07月27日

2006年7月27日 熊谷被告、一部架空取引認める ライブドア事件公判

熊谷被告、一部架空取引認める ライブドア事件公判
熊谷前代表取締役はLDの約53億円の粉飾決算のうち、架空取引の手口で計上されたとされる15億円の一部について「架空と言われても仕方がない」と違法性を認め、「自覚が甘かった」と述べた。

一部は粉飾認める ライブドア決算で弁護側「堀江被告把握せず」
ライブドア事件で証券取引法違反罪に問われた前社長、堀江貴文被告(33)の裁判手続きを話し合う第7回公判前整理手続きが26日、東京地裁(小坂敏幸裁判長)で行われ、弁護側は検察側が指摘した約53億円の粉飾決算のうち、約13億円分の架空売り上げの計上について「不適切な会計処理だった」と認めた。

ライブドア、金融部門売却へ USEN以外と協議
ライブドアが主力の金融部門を独立させる方針を固めた。ライブドア本体との提携を模索しているUSENへの売却は見送り、8月中旬の決着をめざして投資ファンドなど数社と最終協議をしている。現経営陣も株式をもつマネジメント・バイアウト(MBO)になる可能性が高い。将来の株式公開もめざすという。

2006年7月26日 13億円の不正処理認める ライブドア事件で弁護側

13億円の不正処理認める ライブドア事件で弁護側
堀江前社長の弁護人は約53億円とされるLDの粉飾決算のうち、約13億円分について不正処理があったことを認めた。公判で不正かどうかについては争わないことになる。しかし「堀江前社長は不正処理を知らず、正当な決算だと思っていた」として無罪主張は続けている。

2006年7月25日 「黒字化、堀江に言われなければ」岡本被告らが証言

「黒字化、堀江に言われなければ」岡本被告らが証言
「7月の会議で、前任の社長が堀江前社長から赤字を叱責(しっせき)され、(04年4〜6月の第2四半期の)黒字化を指示された。グループ企業から売り上げをもらって黒字にするしか方法はないと思った」と述べ、「堀江に言われなければ、実行しなかった」と話した。

2006年7月21日 ライブドア公判、平松社長「目線が株価に行き過ぎた」

ライブドア公判、平松社長「目線が株価に行き過ぎた」
平松庚三・LD社長が被告人質問で、前社長の堀江貴文被告(33)ら前経営陣が違法行為をした原因について、「時価総額を意識した結果、すべての目線が株価に行き過ぎた」と述べた。

松坂屋、村上ファンド保有数相当分をTOBへ
村上ファンドが大株主になっている百貨店大手松坂屋は21日、1708万6000株(発行済み株式数の10%)を上限に、自社株の公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。

2006年07月16日

2006年7月14日 宇宙旅行者・榎本元LD取締役、申告漏れ30億円

福井総裁、引責辞任改めて否定 村上ファンド問題
村上ファンドに自らが1000万円を投資していた問題について、日本銀行の福井俊彦総裁は14日の会見で「批判が強いことは率直に受け止めている」と陳謝した。日銀のゼロ金利解除決定に際して、市場では「政府に借りを作ったため、中立公平な金融政策ができない」との疑念が消えていない。

宇宙旅行者・榎本元LD取締役、申告漏れ30億円
インターネット関連企業「ライブドア」(旧オン・ザ・エッヂ)の榎本大輔元取締役(35)が、保有していた同社株などの売却益を全く申告していなかったとして、2004年までの3年間に総額約30億円の申告漏れを東京国税局から指摘されていたことが分かった。

2006年7月13日 福井総裁出資ファンド、運用詳細が判明

福井総裁出資ファンド、運用詳細が判明
福井総裁は運用には関与していなかったが、この運用実績は報告書として総裁のもとにも3カ月ごとに送られていたという。福井総裁は99年以降の投資で総額1000万円余りの利益を得たが、その大半は総裁就任後の運用で生み出されていた。

2006年7月12日 ライブドア事件:宮内被告「粉飾、事前に報告」 堀江被告の関与証言−−公判

ライブドア事件:宮内被告「粉飾、事前に報告」 堀江被告の関与証言−−公判
11日の東京地裁(小坂敏幸裁判長)公判で、前社長の堀江貴文被告(33)の粉飾関与について「事前に報告し、了承を得ていた」と証言した。堀江前社長は起訴事実を一貫して否認しており、かつての盟友が真っ向から対立する構図がより鮮明になった。

2006年7月11日 「方向性は堀江が決めた」 ライブドア事件で宮内被告

「方向性は堀江が決めた」 ライブドア事件で宮内被告
宮内前取締役は、証取法違反事件の舞台となった企業買収部門で、堀江前社長に次ぐ、ナンバー2の立場にあり、「信用を受け任されていた」と証言。企業買収について、「基本的な方向性は堀江が決め、細かな部分は自分が決めていた」と話した。

ライブドア公判、宮内被告「M&A、堀江被告に発言力」
宮内被告の被告人質問が始まり、弁護側質問に「M&A(企業の合併・買収)決定では(前社長の)堀江貴文被告(33)が一番の発言力を持っていた」などと述べ、堀江被告がグループ運営を主導した実態を明らかにした。

堀江被告「買収に一番影響力」…宮内被告が公判で供述
宮内被告は、かつての“パートナー”だった前社長・堀江貴文被告(33)(公判前整理手続き中)のことを「堀江」と呼び捨てにし、「ライブドアの企業買収については、堀江が具体的に企業名を挙げる場合と、買収したい分野を挙げる場合があった。方向性を決めるのに一番の影響があったのは、堀江です」と述べた。

ライブドア事件:宮内被告「M&Aは一番いい手法」
粉飾につながったM&A(企業の合併・買収)について「(業績を)拡大しながら収益を上げていくというのは非常に難しく、不可能に近いと思っていた。M&Aは一番いい手法だった」と証言。前社長の堀江貴文被告(33)について「M&Aに関して一番発言権があった」と、堀江前社長の主導を認めた。

2006年07月10日

2006年7月8日 ライブドア事件:1187人、堀江被告らに62億賠償提訴−−第2次

ライブドア事件:1187人、堀江被告らに62億賠償提訴−−第2次
ライブドアとライブドアマーケティングの個人株主1187人と法人株主13社が7日、粉飾決算などでつり上げられた株価で購入させられ損害を受けたと、両社と前社長の堀江貴文被告(33)=証券取引法違反で起訴=らに計約62億5780万円の賠償を求め東京地裁に提訴した。

2006年07月07日

2006年7月7日 職員も内規見直し 日銀、きょう総裁らの大枠決定

職員も内規見直し 日銀、きょう総裁らの大枠決定
日銀の福井俊彦総裁による「村上ファンド」への資金拠出問題を受け、日銀役員の金融取引などに関する内規見直しを進めている外部有識者の諮問会議(座長・園部逸夫元最高裁判事)は6日、内規見直し案をまとめ、日銀の政策委員会に答申した。

2006年07月06日

2006年7月6日 ライブドア:外部調査委を発足 堀江前社長らの責任追及へ

村上ファンドの阪神株保有ゼロに・売却が完了
村上ファンドが阪急ホールディングスによる阪神電気鉄道株のTOB(株式公開買い付け)に応募した阪神株の売却が完了し、同ファンドが保有する阪神株が名実ともにゼロになった。

ライブドア:外部調査委を発足 堀江前社長らの責任追及へ
ライブドアは5日、証券取引法違反で起訴された前社長の堀江貴文被告ら旧経営陣の責任を追及するための「外部調査委員会」を発足させたと発表した。

審議委員も資産公開へ 日銀内規改正有識者の諮問会議
日本銀行の福井俊彦総裁の投資問題を受け、日銀の内部規定の改正を検討している外部有識者の諮問会議(座長=園部逸夫・元最高裁判事)は5日の第3回会合で、総裁と2人の副総裁に加え6人の審議委員の資産も公開する方針を決めた。

2006年7月5日 村上ファンド:TBS株一部売却、保有比率5%弱に

村上ファンド、阪神株の保有ゼロに
同ファンドは6月19日時点で阪神の発行済み株式の42.32%を保有していたが、阪急ホールディングスによる阪神株の株式公開買い付け(TOB)に応じて全株を手放したためだ。

村上ファンド:TBS株一部売却、保有比率5%弱に
 村上ファンドは4日、保有するTBS株を一部売却し、6月27日時点で保有比率を4・98%(従来5・79%)に引き下げたとする大量保有報告書を関東財務局に提出した。

2006年07月05日

2006年7月4日 宮内被告、「ファンド通じ粉飾大丈夫」 会計士が証言

宮内被告、「ファンド通じ粉飾大丈夫」 会計士が証言
会計士は、粉飾の手口とされた投資事業組合(ファンド)を巡る取引について「会計処理上問題がある可能性がある」と04年1月下旬、宮内前取締役に指摘したと証言。「宮内前取締役は『ファンドは別会社が運営している。ファンドを通せば大丈夫』などと答えた」と述べた。

ライブドア事件:宮内被告らの第2回公判開く 東京地裁
決算などで証券取引法違反に問われたライブドア前財務担当取締役、宮内亮治被告(38)ら4被告の第2回公判が4日、東京地裁であり、証人出廷した公認会計士は「(粉飾は)まずいと思ったが、宮内被告が『大丈夫』と言った」と証言した。

2006年7月3日 検察、証人16人申請へ・堀江被告整理手続き

検察、証人16人申請へ・堀江被告整理手続き
堀江被告側は他の被告との共謀を否認しており、宮内被告らの捜査段階の供述調書の主要部分を不同意とする見通し。このため検察側が申請する証人数が膨らんだ。16人に対する主尋問は計約47時間を予定しているという。

ライブドア・村上ファンド 15国会議員が関連株
証券取引法違反やインサイダー容疑で相次いで摘発された「ライブドア」や「村上ファンド」。関連する銘柄の株式を所有していた国会議員は15人いたことが、3日公開された資産等補充報告書などでわかった。

ライブドア関連株で「200万の損失」…自民・秋元氏
3日に公開された資産等補充報告書で、秋元司参院議員(自民党)が昨年秋以降、証券取引法違反事件を引き起こしたライブドアの関連企業株を大量に購入していたことが分かった。

2006年07月03日

2006年7月1日 日銀役員は私募ファンド投資禁止、内規見直しへ

日銀役員は私募ファンド投資禁止、内規見直しへ
日本銀行の役員の金融取引や資産公開の在り方を検討している「内部規程等の見直しに関する諮問会議」は30日の第2回会合で、村上ファンドのように、特定の投資家を対象とした「私募ファンド」への投資を、役員在任中に禁止することで一致した。

ライブドア:営業赤字が拡大 顧客離れ進行で−−3月中間単独決算
ライブドアが30日発表した06年3月中間期単独決算によると、本業のもうけを示す営業損益は24億5400万円の赤字となり、赤字幅が前年同期の3倍に膨らんだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。